家庭教師のバイトをしたいのですが、教え方にコツはありますか?研修制度があるところを選べば、教え方が分からなくても安心です。

家庭教師のバイトは、学校の先生と違って教員免許なんかも必要ありません。学校で教育に関することを学んでいる必要もないです。

なので、家庭教師のバイトを始める人のほとんどが、「教えること」は初心者です。勉強が得意だという人でも、誰かに教えられるかどうかは別の話なので、うまく生徒に理解してもらえるか不安になってしまうかもしれませんね。

家庭教師をしたいけど、勉強の教え方が分からないという場合は、事前に研修制度があるバイト先を選ぶのがおすすめです。研修期間はバイト先の方針によって変わりますが、1~2時間程度教え方のポイントを教えてもらうというケースや、数回にわたって指導方法を学べるなど様々。

面接時に研修制度の有無を確認しておくといいかもしれません。家庭教師のバイトは時給が高いのが魅力ですが、研修の時は時給は低いことが多いので、その点だけ注意してください。

こちらを指差す家庭教師

教え方のコツですが、うまく理解してもらえるかは生徒次第というところが大きいです。生徒のタイプによって、図を使った方がいいのか、それとも公式をフル活用して叩き込んだ方がいいのかは変わります。

褒めて伸びるタイプか、それともライバルを用意してあげた方が燃えるタイプか・・・も違います。結論から言うと、まずは生徒のタイプを理解することです。

どのような性格なのか、どうやったらやるきがでるのか。こういったことは、家庭教師のバイト先に聞いてみてもいいかもしれません。

生徒と先生をマッチングするために、事前に細かいアンケートを生徒に実施しているケースが多いからです。どんな風な指導方針がいいか迷ったら、相談してみましょう。

教え方がうまくても、生徒に伝わらなければ意味がありませんし、生徒の成績を上げるための一番の近道は「やる気を出させること」です。

指導書をかたっぱりから読んでノウハウに固執するより、生徒一人一人を良く見て、褒めて、分からない所をサポートしてあげてください。