家庭教師で学力が上げられなかったらどうなりますか?

家庭教師で学力が上げられなかったら・・・ということですが、最悪の場合は生徒の担当を外されます。家庭教師を依頼するのは、生徒の親です。

生徒の親がなぜ家庭教師を依頼するのかと言えば、それは子供の成績をキープする、もしくは上げたいから。子供が不登校で、せめて学校の授業に遅れないようにと家庭教師を依頼するケースもありますが、大半は学校の定期テストの成績をあげたい、推薦の為に内申点をあげたい、受験に向けて学力をあげたいという親です。

ですから、家庭教師を頼んでいるにもかかわらず学力が上がらないとなれば、「先生を変えてほしい」と言われたり、家庭教師の契約そのものを取りやめてしまう可能性があります。

契約そのものを取りやめられては困るので、家庭教師を雇う側は「先生の変更が自由」としていることが多いんです。実際は、学力が上がっていても点数に反映されていないだけのこともあります。

でも、学力が上がったかどうかを判断する材料は「テストの点数」になってしまうので、最終的に点数が上がらなければ厳しいです。

家庭教師を始めた最初のテストで判断されてしまうこともありますし、半年程度つづけてそれでも成績が上がらなければ「先生を変えて」という親もいます。

コチラをにらむ家庭教師

学力が上がらなかったら自分のせいでは・・・と悩んでしまうかもしれませんが、テストに出るような場所の対策問題なんかは、家庭教師を雇う側が用意しています。

家庭教師のバイトで出来るのは、生徒がそれらの問題を解くように促すこと。テスト本番に向けてモチベーションを高めてあげることです。

いくら家庭教師を雇っていても、家庭教師が来ている時間しか勉強しないようであれば学力は伸びません。普段の生活から勉強できるようにモチベーションをあげたり、モチベーションを低下させている原因は何なのかを見極めるのも家庭教師の役割です。

本人のやる気がアップすれば、いつもと同じ勉強方法でも学力が上がることは多いですよ。

学力が上がらなければ最悪の場合は生徒を変えられるかもしれません!そうならないためには生徒のモチベーションアップをはかりましょう。