家庭教師とご飯について~家庭教師がよく食べるご飯って何ですか?

家庭教師に限らず仕事中でもお腹は空くものです。幸い途中で食事を挟んだ小休憩を取ったりしてもいいという心配りをしてくださる親御さんも見かけますが教えている先では余り汚せません。

そこでスムーズに栄養補給も出来てゴミも少なくて済む物は何がオススメ?…そう思い調べて見たところこの様な意見が多く見かけられました。

「パン」
主にサンドイッチや菓子パン、惣菜パン等ジャムや野菜、おかずを挟んだパンを取っているという人も多いです。実際とても大きいとかで無ければ大体は片手で食べれる物ばかりなので勉強しながら食べるには最適と言われたら最適なのも分かります。

メガネをかけた家庭教師

この気軽さが強みになっています。

「おにぎり」
こちらもパン類と同様に片手で食べれる米料理として数多く見受けられました。理由も同様です。ですがパンに比べて相性のいいおかず、特に焼き鯖や生たらこと言った鮮魚類とは相性が良いのでおにぎりの方を選ぶという人も多く見かけられました。

「チョコレート」
パンやご飯が欲しいって程ではないけど何処か小腹が空いたな…って時にはお菓子類、特にチョコレートを持って行く人も多かったです。

その中でも袋入りになっているのやアルフォートやダースと言った小さいブロック状になっているミニチョコレート等コンパクトに済む物がよく見かけられました。

ただ欠点…と言うほどではありませんが夏場や冬場でも暖房が効いている部屋だと気づいたら買っていたチョコレートが溶け出して大惨事になりかけたと言う事もあるので買う前に季節と生徒さんの家の部屋温度を事前に確認しておいた方が安全ですね。

「飴」
もう片手を使うのすら惜しいほどに追われているのであればいっそ口に入れたら後は舐め回して溶けるのを待つだけな飴も地味に人気です。

特に袋入りのが多く販売されているので飴をダシに生徒さんとのコミュニケーションを図る人も多く見られました。確かに飴ならゴミも小さい袋一つだけで済み糖分も補給できるので相性が良いのでしょうね。

…とこの様な意見が多く見かけられました。結論から言うと「比較的片手で済む」料理が多く見かけられ勉強と栄養補給の両立が出来るお手軽な物が多かったです。

ご厚意は嬉しいけどやはりどこか遠慮して少なくて済む物を選ぶ人が多い様です。今後生徒さんの家でお腹空いた時にはコンパクトでお手軽な料理を持っておいた方が陰ながら喜ばれるでしょう。