家庭教師として大事な教え方とは?家庭教師じゃなくても必見!ベストな教え方とは?

家庭教師の仕事と言うのは人に教える事が前提であり指導力がないとやっていけれない業種です。とは言え最適な指導方法は?と聞かれるとなかなか答えが出せないでしょう。私なりの回答ですがこの3点は良いんじゃないでしょうか?

1「アメとムチ」
勉強しろ勉強しろと家庭教師や親御さんだけでなく言われると思いますがそれは分かっているのですがどうしても行けない…と言う経験が過去には何度かあるでしょう。私なりの回答ですが「ムチばかり共用して目に見えるアメを用意していない」からでは無いでしょうか?甘ったれるな!と言う意見もあるでしょうがじゃあ目に見えず確実に貰える訳じゃない報酬をアテにやりたいか?と聞いたらやりたいですか?私ならNOです。

家庭教師として大事な教え方とは?家庭教師じゃなくても必見!ベストな教え方とは?

食べ物でも簡単な物でもいいので勉強へ向かうだけのアメ、簡単に言うなら目に見えて分かるご褒美や報酬を用意していればモチベーションも上がりやすいでしょう。目に見えている分「頑張れば手にはいる」と言う目標が分かりやすいです。

引照※家庭教師のサクシード|受験対策と苦手克服ならおまかせ http://www.benkyo.co.jp/

2「人によって合わせる」
たまに「あの人、人によって態度変えるよね…」と否定的に取られる事ありませんか?確かに否定的な面もありますがこのやり方、個人での指導面では使い方次第では最適になるかもしれません。例えばですが双方的確なアドバイスは与える物のあの人には口調は柔らかめでどこどこを直した方がいいと良い、あの人にはちょっと厳し目で発するも最後には改善すべき点を与え相手を上げる様な言動をしてモチベーションもあげつつのフォロー…なんて指導もありと言えばありでしょう。

ましてや学校や個人塾とは違い家庭教師は基本的に一対一のマンツーマン、その個人に合わせたやり方のがスムーズに行きやすいです。とは言え明らかに目に見えてるのだと却って反感を買う事もあるのでその辺の匙加減も注意しないといけないのが難点です…

3「要点だけでもしっかりと伝える」
学力はあり家庭教師どころか本業の教師すら務めれる程優秀ですが問題はそれを指導するだけの指導力がないと教師失格…は流石に言い過ぎですが続ける上では支障が出ます、かと言って長々と喋ればいいかと言われたら違います。単刀直入の様な切り口になってもいいから「伝えるべき要点だけはしっかりと言う」事だけはしないと駄目です。

まずは自分が相手に何を伝えないといけないかを確認した上で指導しましょう。徐々に会話数を増やすのは慣れてからでも充分出来ます。

以上です。いきなり今日からやれと言われても難しいのもあるでしょうが徐々に取り入れて自然にこの方向性へシフトしていけばスムーズに事は運べます。けれどまず大事なのは「自信」です。人に教えるのであればドーンと胸を張って行きましょう。